国民総デジタル時代におけるIT機器のデータ復旧サービズの必要性

90年代後半以降、一般国民の日常生活の中にもデジタル機器、IT機器が幅広く取り入れられて来た。カメラもフィルムからデジカメへ、テキストもワープルからパソコンへ、音楽もCDからデータへと変化を遂げた21世紀。一部のマニアを除き、写真をフィルムで撮影している人はほとんどいない世の中である。そして、こんな総デジタル化時代だからこそ頼もしく、もしもの時の助けになるのがデータ復旧などのサービスだろう。21世紀生まれの子供達の成長の記録(写真や映像など)は間違いなく多くがデジタル・データで保存されている。そして大半の親がそれら子供達の成長記録を、外部ハードディスクなどのIT機器や、クラウド・サービスを使用するなどしてバックアップしているに違いない。一見完全に見えるデジタル機器も所詮は人が産み出した物。融通が利く反面、融通が利かない部分もある。ひと昔前までは自宅が火事にでもない限り無くなる心配すらしなかった写真類も、一歩間違えば一瞬で跡形もなく消えてしまう。だからこそ、どれだけバックアップにどれだけ備えていても万全ではないと言える。その不安要素を最小限にとどめるという意味でも「データ復旧」というサービスは、国民総デジタル時代である現代ならではのサービスだろう。

データ復旧をすれば心配ありません

もし、ハードディスクが急に動かなくなり故障したのかなと思っても諦めてはいけません。大概はハードディスク自体が壊れているわけではなく、システムファイルの一部分が何らかの原因で破損したためデータが読み込めなくなるという現象が起こります。つまり大事に保存してあるデータ自体は壊れていないのでその大事な記録部分を取り出すことが可能です。それをデータ復旧と呼びます。ハードディスクが壊れた時の症状は、大まかに二通りあります。ハードディスクのアクセスランプがずっと点滅し続けているまたはカラカラ、カラカラとハードディスクから音が鳴り続けているなどです。これより症状が悪化した場合、ハードディスクが機械的に故障しハードディスクが完全に動かなくなり、windowsなどのOSを起動することが出来なくなります。ハードディスクに異常が出た場合、最初は誰でも混乱してしまいますが焦らずに正しい対処法を行いましょう。諦めてリカバリーしたり、メーカーに修理を出したりするのは禁物です。ハードディスクのデータはもう元に戻らなくなります。パソコンに詳しくない方はとりあえずデータ復旧の専門会社を調べたり、相談を受けてみたりすることがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*